流産死産後の気持ち

流産死産

大黒摩季さんのコト。

私は若い頃、大黒摩季さんが大好きで、ファンクラブにも入っていました。高校生の頃、伝説のファーストコンサートにも行きました。 とにかく『憧れの女性』『強くてカッコいい女性』の象徴のような存在でした。 大人になって音楽自体をめったに聴かなくなっ...
流産死産

骨壺の中身を見たい衝動に駆られる時。

同じ人いるかな。 骨壺を抱っこしていると、ふと突然、 骨壺の中身を見たい衝動に駆られる時がある。 何でかは分からない。 無性に骨壺の中を見たくなる。 別にみてもいいんだろうけど。 何となく見てはいけない気がして、骨を入れた時以来、中身...
流産死産

何万回も考えてしまう事。

ふとした時、亡くなった子の事を思い出す。 昔程の感情ではないけど、やっぱりつらいよね。 何でだろうね。ついつい、原因を再度考えてしまう。 何万回と考えてきた事を、また何度も何度も考え直す。答えの出ない答えを考えて、考えて、考える。 原因なん...
流産死産

私が立ち直った方法は?

では、私が流産死産から立ち直った方法は? はっきり言いましょう。 『時薬』です。 「日にち薬」とも言われていますね。 言葉通り、『時間や日にちが薬になる。』といった意味です。 英語のことわざにこんな言葉があります。 『Time cur...
流産死産

本当に人の力で助けられるのか?

何かが違うと思ってしまう事。『流産死産についてのグループ』について。 最初に言うと、決して批判ではありません。私個人の屈折した考えです。 このブログを始めるとき、「同じように流産死産をした方の役に立ちたい」と思っていました。このブログを始め...
流産死産

死産後、正解か不正解か分からない事。

未だに正解が分からない事。 『死産した赤ちゃんの写真を、撮るか撮らないか。』 赤ちゃんが亡くなった時から何だかんだ終わるまで、あまりにも時間がない。 そして精神状態もオカシイ中、いろんな事が行われます。 その中で唯一、心残りというか、正解...
流産死産

『子供のいない人生』を考えた先にあった妊娠。

3度目の妊娠~死産後、なかなか妊娠しませんでした。 1度目の妊娠から2度目の妊娠までも一年以上かかっていましたが、今回はそれから年齢も上がっていて、なおかつ何度も流産死産した後…。 もう子宮は疲れ切って、妊娠しないのではないか?と思うよう...
流産死産

3度の流産死産後、続いた生き地獄。

どんな事があっても、時間は進んでいきます。 どんな事があっても、時間は過ぎていきます。 どんな事があっても、一日は終わります。 どんな事があっても、明日は来ます。 どんな事があっても、昨日には戻れません。 死産した後、私には日常が待ってい...
流産死産

流産死産後、自分自身の「死」への恐怖。

3度の流産・死産後、というより、「死産後」と言った方が正しいかもしれません。 死産後、私は想定外の恐怖と戦う事になりました。 『死』への恐怖。 最初の頃は、子供が亡くなった事が辛かった。 「親より先に亡くなった子は、賽の河原で石を積ま...
流産死産

流産死産後、子供を望むことについて

死産後、私は悩みました。 また子供を授かりたいかについて。 私はこれまでに子供を3人お腹の中で亡くしています。 良くない表現になりますが、私が当時思っているまま書くと、 「私はこれまでに子供を3人お腹の中で殺してしまっています。」 これ...