散歩途中の桜。

幸せ体質になる方法
スポンサーリンク

散歩先の桜。

綺麗ですね。
世の中の動きに関係なく、桜は綺麗に咲き誇ります。

私がいつも思っている事。

自然を見て「綺麗だなぁ…。」としみじみ思える事こそが幸せ』である。

花を見て、「綺麗だなぁ…。」と思える。
空を見て、「綺麗だなぁ…。」と思える。

それって、幸せじゃないと感じられない。
辛い時、悲しい時、苦しい時、そんな余裕ない。

辛い時、周りを見る余裕なんてない。
悲しい時、世界に色なんて見えない。
苦しい時、光さえ痛く感じる。

花を気に留められるようになったら、少しだけ希望が見えてきている。
花の色を感じられるようになったら、少しだけ心に余裕が出てきている。
花を綺麗と思えるようになったら、幸せに向かっている。

私は、そう思う。

自然を見て、それを感じる『心の余裕』。

今はみんな、見えない不安と戦っている。
いつ終わるか分からない闘いに疲れてる。
ただひたすら、終わるのを待っている。

桜は春を告げる花。
寒い冬から、暖かい春を知らせる花。
どんな花よりも、咲くのを待ち望まれる花。

桜を見ると、皆が幸せな気持ちになる。
桜の下は、幸せが溢れている。

でも、今年は違う。
幸せな気持ちで桜を見ることが出来ない。

花見をするのは非常識っていうけど、集まるのが非常識なのであって、花を見るのが非常識な訳ではない。
スーパーに行く途中、散歩の途中、必要な外出の時、少しでいいから花を見る余裕、空を見る余裕をもってほしいな。
外に出る機会は少ないけれど、空気を感じ、風を感じ、太陽の光を感じ、自然の美しさを感じてほしい。
それが「心の余裕」=「幸せ」につながると思う。
そんな余裕ないかもしれない。
だけど、「心の余裕」がなくなったら、本当に殺伐とする。

心だけでも余裕を持とう。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました