妊娠出産との闘いの日々を終えて。

出産後の気持ち
スポンサーリンク

長かった1人目妊娠~5人目出産までの日々…。

長かった。
大変だった。
色々ありました。

流産、死産、不育症、切迫早産、入院生活…
本当に、色々ありました。

それでも有難い事に、私は生きている赤ちゃんを二人出産する事が出来ました。

それ以上子供を望んでいないので、これで8年におよぶ「妊娠出産との闘い」がようやく終わりました。
本当に「闘い」だったな…。
何と戦っていたのかは分からないけど。
多分、自分と、そして運命と、だな。

最後に、私が入院中に書いた日記を載せます。

お祝い膳を食べて想うこと。(当時の日記より)

今日の夜はお祝い膳でした。
総合病院なので豪華なフルコースとかではないけど、いつもよりちょっと豪華でデザートと紅茶がついています。

嬉しいな。

デザートのレアチーズケーキと苺のムースケーキがすごく美味しかった♪

そして一緒にアールグレイを飲みながら、
「あーこれで全てが終わったんだなぁ」
って思った。

妊娠~陣痛を経て出産をし、
お祝い膳を食べ、
翌日に子供と一緒に退院して、
日常生活に戻るのです。

これまでの事が走馬灯のように思い出されて、最後に
「『お祝い』膳を食べる」
という最良の結末を迎えたことに感極まって、一人で声を殺して泣いてしまいました。

出産のときにも泣かなかったのに。

ご飯が普通に美味しくて。
アールグレイが美味しくて。
身体が妊婦ではない事を思い知らされたのかも。

私、頑張っていたのかな。
思っていた以上に、気を張っていた妊娠生活だったんだろうな。

妊娠、入院、出産という『非日常』が終わります。
明日から、育児家事という『日常』が始まります。

普通の生活に戻ります。
正確には、新生児が一人加わるので、今までの生活とは全然違うのですが。

それでも、
自分の家で暮らして、
普通の体調で、
差し迫った命の危険がなくて、
人生の転換も当分なくて…
ということは、十分『普通の生活』です。

明日からは日常。
今日はゆっくり病院のベットで寝ます。

寝られたら、ですが(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました