甘酒

健康
スポンサーリンク

ここ数年ハマっている甘酒について書きたいと思います!
甘酒は何年も前から注目されていて、最近はスーパーにも普通に売っていますよね。

甘酒が身体に良いと知ってから市販の甘酒を時々飲んでいたんですが、ヨーグルトメーカーを買ったのを機に自分で作ってみる事にしました。
そしたら市販のものよりも断然おいしくってびっくり!!!

本当に「甘い」んです!!!

その美味しさに気付いてから、せっせと甘酒を手作りするようになりました。
暖かい甘酒を飲むと、身体が何かリラックスするんですよね。
ホッとするような。
美肌効果とは今の所いまいち分からないけど、甘酒を飲むようになってから、身体の疲れを感じる事が少なくなりました。

続けて飲む事で身体に良い効果が出たらいいなぁと思いつつ、ほぼ癒し目的で甘酒を飲んでます(笑)

甘酒の作り方

レシピは色々ネットに出ていますが、ヨーグルトメーカーを使った私の作り方で書いていきます。

◎ 材料 ◎

・米麹 200g
・炊いたお米 300g
・熱湯 250cc

◎ 作り方 ◎

①炊いたお米をボールに入れ、そこに熱湯を注いで混ぜます。
②混ざったら、ほぐした米麹を入れて混ぜます。
③殺菌した牛乳パックに②を入れ、蓋を閉じたらヨーグルトメーカーに入れます。
④60℃、9~10時間に設定し、スタートさせます。
⑤2~3時間おき位に中身を混ぜます。
⑥時間になったら出来上がり♪
(⑦この後、ミキサーで粒を粉々にしてもOK。)

甘酒作りの補足。

ヨーグルトメーカーで作る甘酒はとにかく簡単です!

温度を気にしなくていいし、時間がある程度決まっているので、季節によりそこまで時間や日数が変わらないのが良いです。

牛乳パックも専用容器も、細長いので混ぜにくいのが難点です。
私が買ったヨーグルトメーカーには長いスプーンがついているので、それで混ぜています。
マドラーとかでもいいかも。

一日のうちに数回混ぜないといけないので、一日家にいる日や2時間以内に戻ってくるような日の方がよいかもしれません。

それ以上に空いても大丈夫ですが、空く時間によって粒っぽくなる時がありました。
一番最初に作った時、混ぜることの重要性が分かっておらず、混ぜずに放置してたら、うまく発酵しませんでした…(^^;)

適度な時間で混ぜたら、ちゃんとトロトロになりますよ♪

甘酒の保存方法

甘酒はそのままでも保存できますが、私は凍らせて保存しています。

タッパーに入れて冷凍…とネットに書いてあるのもありましたが、私は製氷皿で小分けにして凍らせています。
欲しい分だけ取り出せるので、とても便利です!

冷凍だと3ヶ月程持つそうです。
(冷蔵だと1週間。)

解凍方法ですが、麹菌は60℃(70℃?)で死んでしまうので、レンジでチン♪とかが出来ません…。
本当は冷蔵庫に移して自然解凍するのが一番良いと思います。
私は面倒なので、豆乳や牛乳をレンジで60℃に温めて、その中に甘酒氷を入れて溶かしています(笑)
ぬるーい感じになるので、夏はさらに氷を入れてます。
冬は豆乳や牛乳の量を増やすと、適度な飲みやすい温度になります!

この辺の匙加減は個人の好みがあるので〇gで!とかは言えないので、自分好みに調節してください(*^▽^*)

ちなみに…コップによっては、60℃に設定しても溢れることがあるので注意してください…。
ワタシハ、ナンドカ、ヤリマシタ…

まとめ

手作りの甘酒は結構簡単です!
本当に混ぜるだけ!

そして冷凍出来るので、毎日焦って(?)飲んだり飲み残して捨てたりしなくて良いのがありがたい!!
(ズボラなので…)

ヨーグルトメーカーがなくても作れますが、めんどくさがりな私には一日で出来ちゃうヨーグルトメーカーでの作り方が合っていました。
気になる方は是非作ってみて下さい(*^-^*)

ちなみに、私が使っているのはこちらのヨーグルトメーカーです。

▽ これから買う方なら、高いけど多機能でおすすめ。▽ 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました