どうして自分を諦めてるんだろう?

スポンサーリンク

ふと気付いてしまったこと。

『私はどうして綺麗を諦めているんだろ?』

ブログとかでキラキラした方たちを見て、
「すごいなぁ」
と思っている。

キラキラしてて、綺麗で、イキイキしてて。

どこか自分とは全然違う世界の住人のように見えた。

 
『住む世界が違う』
そんな感情を持った。

でも待てよ。

皆同じ日本に住んでる、同じ年くらいの人たちだよね。
同じ県内の人だっている。

何で『住む世界が違う人』と感じてしまうんだろう?

そこで気付いた事。
「『私はそんなキラキラした女性にはならない』とはなから思っているからだ。」
ということに。

私が絶対ならないから、『住む世界が違う人』と思うんだ。

何で絶対ならないと思うんだろう?

田舎だから?
でも田舎でも綺麗な人はいる。

彼女達は特別だから?
確かに特別綺麗で才能もあるけど、同じ人間だ。

そもそもの顔の造形が違うから?
そうでもない人でも輝いてるよね(失礼。)。
私だって壊滅的な容姿な訳ではないと思う…多分。

そもそもお金持ちかお金持ちと結婚したのでは?
そうあう人もいるだろうけど、皆努力して仕事してる。

専業主婦だから諦めてるのかな…?
自分の為にお金使うのを躊躇してしまうから。

色々考えていくと、

『どうせ誰も見てないし。』

その気持ちが強いことに気付いた。

そしてもう
『身なりに構わない人』
になってることに気付いた。

服も安物、靴もスニーカー一足。
髪は縛るだけ…

そりゃキラキラしないわね。

でもそれを変えようとはしてなかった。
育児を言い訳にして。

育児で疲れてるからって言い訳して、放棄してた。

それじゃダメだよね。

諦めたくない。
綺麗を諦めたくない。
自分の人生を諦めたくない。

このままじゃ、今のままだ。

このまま
『疲れた主婦』『疲れたおばさん』『疲れたおばあちゃん』
に進化していくだけ。

そんなのは嫌だ。

何度も思っている。
『変わりたい』
でも、変わらなかった。

現状が楽だから。

楽が体型や顔に現れだしている。

40才からは人生が顔に現れる。

本当にそうだ。

このままじゃ、いけない。

本気で、変わろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました